懐中時計

懐中時計とは、上着のポケット、ズボンのポケット、カバンなどに入れ持ち運びする、携帯用の時計のことです。

置時計掛時計と違うのはもちろんですが、身につける腕時計ともまた違い、ベルトではなく鎖やヒモなどを取り付けて利用します。

また、携帯用であること、鎖を取り付けたりすることから、文字盤のガラスを保護するためにフタがついているものが多いです。
ドラマや映画では、懐中時計のフタを開けたところに家族や恋人の写真を貼っていたりしますよね。

16世紀から17世紀ころは大きく不便だった懐中時計も、18世紀から19世紀にかけて軽量化が進み、今ではまるで重さを感じないほど軽い懐中時計もあるようです。